なぜ背中ニキビはなかなか治らない?

背中ニキビは、顔ニキビと同じく、古くなった角質が毛穴をふせぎ、毛穴の中で皮脂がたまることでアクネ菌が繁殖して炎症を起こすのが原因です。

もう一つ、毛穴そのものが炎症を起こしている場合があります。

それは、マラセチア菌や黄色ブドウ球菌が、さまざまな原因で増殖して毛穴の中に侵入し炎症を起こす「毛包炎」と呼ばれています。
“なぜ背中ニキビはなかなか治らない?” の続きを読む