お肌と睡眠の切っても切れない関係性とは?

寝不足で肌が荒れるなど、肌と睡眠には深いつながりがあることを実感している人は少なくないと思われます。では、いったい、肌と睡眠にはどのような関係があるのでしょうか。

睡眠中には、成長ホルモンが活発に分泌されます。寝る子は育つというように、しっかりとした眠りは子供が健康にすくすくと育つために欠かせないこととして知られています。大人に成長ホルモン?と疑問に感じられるかもしれませんが、成長ホルモンには、大きくするだけでなく、新しくするという働きがあります。

人の体は常に細胞分裂し古い組織を新しいものに作り替えていますが、皮膚も古い組織が新しいものと入れ替わる周期的なターンオーバーを繰り返しています。睡眠が足りなくて成長ホルモンの分泌が滞ると、ターンオーバーがうまくいかず、メラニン色素や角質が残ったりして肌の状態が悪くなってしまいます。それだけでなく、睡眠不足が自律神経の乱れや免疫力の低下の原因となることで、肌トラブルにつながってしまうことがあります。

毎日のスキンケアとしてメラニン色素の生成を抑えてくれるフォトシンデレラプラスなどのスキンケアクリームを取り入れながら、睡眠時間もしっかりと確保する。美しいお肌のためにはこうした体の内外からのケアが欠かせません。